美肌へのインナーケア

コラーゲン

美肌に必要な栄養素

だんだん寒くなってきて、お肌の乾燥が気になる季節になってきました。乾燥対策に化粧品や美顔器で保湿ケアはもちろんのこと、内側からのケアも大切になってきます。そんなお肌ケアに重要な役割を果たすのがコラーゲンです。美容雑誌や健康食品のポップによく記載されているので、ご存知の方も多いでしょう。コラーゲンとはタンパク質の一種で、皮膚や関節・骨・爪など、人体の各部を構成する重要な成分のひとつです。特に肌の奥でハリや弾力を支えている真皮は、コラーゲンが70%を占めていると言われています。そんなコラーゲンは新陳代謝を繰り返していて、ピークの20歳を過ぎると生産力が弱まってきます。60歳では20歳の時の約半分にまで減少してしまうほどです。弾力のある美肌に欠かせないコラーゲンは年齢とともに減少してしまうため、積極的に摂取を心掛けていきましょう。コラーゲンを多く含む食品としてよく挙げられるのが、フカヒレや手羽先、豚足などです。肌への効果を期待できる摂取量は1日に5−10グラムとのこと。しかし1日に5グラム摂取するためには、牛すじで100グラム、鳥の手羽先で335グラム、アジの開きで500グラムも必要になってきます。これだけの量を日々の食生活で摂取していくことは難しく、サプリメントやドリンクなどを上手に利用していくことがカギとなってきます。またコラーゲンにあまり即効性はないため、根気よく毎日摂取していくことが大切です。